メディプラスゲルは赤ちゃんにも使える?

メディプラスゲルは、敏感肌でも使える優しさが大きな特徴のひとつです。防腐剤(パラベン、フェノキシエタノール)や合成界面活性剤、香料、着色料はもちろんのこと、鉱物油やアルコール、合成乳化剤も使われていません。肌にプラスの効果を与える成分だけを使っているので、大人だけでなく、赤ちゃんにも安心して使えます。ただし、個人差は必ずありますので、メディプラスゲルを初めて赤ちゃんに使う場合は、二の腕などに薄く塗ってみるパッチテストを行うことをおすすめします。
赤ちゃんは乳児湿疹になることも多く、小児科や皮膚科でワセリンや外用薬を処方されることもよくありますが、これらを使っても改善しない場合も少なくありません。そのような場合には、肌を十分に保湿して、赤ちゃんの肌が本来の力を取り戻せるよう手助けしてあげることで、徐々に症状が良くなるケースもあります。
メディプラスゲルは、出雲玉造温泉の温泉水を使っており、肌の角質層にまでしっかり浸透するようになっています。メディプラスゲルはオールインワンゲルなので、高い保湿力を重視した成分が存分に配合されており、メディプラスゲルだけのスキンケアで十分な保湿が得られます。
赤ちゃんの乾燥からくる肌トラブルに見舞われた際、保湿が必要だとわかっていても、合成化学物質がたっぷり使われている高保湿スキンケア化粧品は、心配で使いたくないと考える人は多いです。肌に非常に優しく、保湿力に優れたメディプラスゲルであれば、肌への害が懸念される成分を気にする必要も無く、優しく保湿ができるので、使ってみる価値は大いにあります。