カードローンで収入証明が必要な理由とは

カードローンは、一定額以上の利用の場合には収入証明の提出が求められます。それが必要な理由はいくつかありますが、一つは総量規制の対象額内かを判断するためです。消費者金融を利用する場合には、年収の三分の一以内に納めなくてはならないという総量規制の影響を受けます。それ以上を業者が貸すことはできないため、収入証明で現在の年収を把握して、他社利用状況などと比較して融資をするかどうかを決めます。
この審査は、何も借りるときだけになされるわけではありません。カードローンの更新時に、現時点でどうなっているのかを見るためにもおこないます。したがって、すでにカードローン借り換えの利用契約を結んでいる場合であっても、提出が求められることがあります。
そして二つは、十分な返済能力があるのかどうかを判断するためです。例えば、一定額以上の融資には必要という業者の場合には、一定額以上だと融資額が大きくなる分融資を慎重に行わざるを得ないという事情があります。したがって、提出が求められます。ただし、業者の注意事項を見ると記載されていますが、一定額以内でも提出が求められることがあります。個別の事情によって、慎重に判断をする必要があるときがあるからです。また、フリーランスや自営業の場合には、勤め先の在籍確認ができないため、収入があることを確認するすべとして、一定額以内であっても提出が求められます。
以上のように、提出しなければならないかどうかは、様々な要因によって左右されます。