メディプラスゲルは赤ちゃんにも使える?

メディプラスゲルは、敏感肌でも使える優しさが大きな特徴のひとつです。防腐剤(パラベン、フェノキシエタノール)や合成界面活性剤、香料、着色料はもちろんのこと、鉱物油やアルコール、合成乳化剤も使われていません。肌にプラスの効果を与える成分だけを使っているので、大人だけでなく、赤ちゃんにも安心して使えます。ただし、個人差は必ずありますので、メディプラスゲルを初めて赤ちゃんに使う場合は、二の腕などに薄く塗ってみるパッチテストを行うことをおすすめします。
赤ちゃんは乳児湿疹になることも多く、小児科や皮膚科でワセリンや外用薬を処方されることもよくありますが、これらを使っても改善しない場合も少なくありません。そのような場合には、肌を十分に保湿して、赤ちゃんの肌が本来の力を取り戻せるよう手助けしてあげることで、徐々に症状が良くなるケースもあります。
メディプラスゲルは、出雲玉造温泉の温泉水を使っており、肌の角質層にまでしっかり浸透するようになっています。メディプラスゲルはオールインワンゲルなので、高い保湿力を重視した成分が存分に配合されており、メディプラスゲルだけのスキンケアで十分な保湿が得られます。
赤ちゃんの乾燥からくる肌トラブルに見舞われた際、保湿が必要だとわかっていても、合成化学物質がたっぷり使われている高保湿スキンケア化粧品は、心配で使いたくないと考える人は多いです。肌に非常に優しく、保湿力に優れたメディプラスゲルであれば、肌への害が懸念される成分を気にする必要も無く、優しく保湿ができるので、使ってみる価値は大いにあります。

債務整理の体験談

債務整理を利用した多くの方が、体験談をブログや弁護士のホームページで紹介しています。
今借金に悩んでいる方にとっても、非常に有益な情報源といえます。
ここでは事例毎に、債務整理の体験談をいくつか紹介しましょう。

○自己破産の事例

・Aさん 55歳 男性 

突然妻が病気で倒れてしまい、入院費、治療費を支払わなくてはいけなくなりました。
保険対応できない費用も多く、あせった私は消費者金融を利用しました。
気づいたときには、7社500万円以上の借金に増えてしまいました。

一時期は自殺まで考えましたが、病気の妻をおいておくわけにもいきません。
そこで弁護士の無料相談を利用して、自己破産に踏み切ることにしました。

おかげさまでと妻の病気も回復し、今ではわずかな貯金をしながら、妻と旅行などを楽しんでいます。
「もう借金はしない」と妻に誓っています。

○民事再生の事例

・Bさん 36歳 男性

恥ずかしい話ですが、浪費癖のあまり借金を重ねてしまい、気が付くと5社500万円近い借金に膨らんでしまいました。
給料の半分以上が支払いに消えていき、生活も切り詰めましたがとても返済できる状況ではありませんでした。

そんなとき民事再生の話を知って、弁護士事務所に相談を行いました。
先生はとても親身になってくれ、分かりやすく説明してくれました。
民事再生手続き後は、月35,000円の支払いになり、今でも返済を続けています。
お金はとても恐ろしいものであると、あらためて実感でき、浪費癖も解消することができました。

即日カードローンで低金利のキャッシングはどこ?

消費者金融から借り入れしようと考えたときには、即日カードローンを利用したいものだと思います。即日カードローンであればお金が無くて困っているときに、すぐに融資を実行してくれるので、資金不足を手軽に解消させることが可能になります。即日融資が可能なカードローンであっても、金利は気になるものだと言えます。低金利で融資を行っている即日カードローンとしておすすめなのは、三井住友銀行系列のプロミスです。プロミスでは審査に時間がかからないサービスが行われていますので、最短30分ほどで審査が完了して、融資までには60分ほどしかかかりません。プロミスの金利は4.5~17.8%ですので、他の消費者金融と比較すると低金利で借り入れができる点がメリットです。また、初めてプロミスのキャッシングを使うときには、無金利サービスがありますので、30日以内に完済をすれば金利を支払う必要がなくなります。プロミスの無金利サービスが適用されるためには、申込みのときにメールアドレスの登録を行うことと、web明細の登録を行っておくことが条件となります。プロミスではホームページから申込みや融資の依頼などの手続きができますので、来店しなくても素早く借り入れが可能です。スマートフォンやパソコンを使って、ホームページ上からログインをして、振込み融資の手続きを済ませることで、来店不要で即日融資を受けることができます。ネット上で振込み融資の依頼をして即日中に借り入れをしたいときには、平日の14時50分までに手続きを済ませておく必要があります。

カードローンで収入証明が必要な理由とは

カードローンは、一定額以上の利用の場合には収入証明の提出が求められます。それが必要な理由はいくつかありますが、一つは総量規制の対象額内かを判断するためです。消費者金融を利用する場合には、年収の三分の一以内に納めなくてはならないという総量規制の影響を受けます。それ以上を業者が貸すことはできないため、収入証明で現在の年収を把握して、他社利用状況などと比較して融資をするかどうかを決めます。
この審査は、何も借りるときだけになされるわけではありません。カードローンの更新時に、現時点でどうなっているのかを見るためにもおこないます。したがって、すでにカードローン借り換えの利用契約を結んでいる場合であっても、提出が求められることがあります。
そして二つは、十分な返済能力があるのかどうかを判断するためです。例えば、一定額以上の融資には必要という業者の場合には、一定額以上だと融資額が大きくなる分融資を慎重に行わざるを得ないという事情があります。したがって、提出が求められます。ただし、業者の注意事項を見ると記載されていますが、一定額以内でも提出が求められることがあります。個別の事情によって、慎重に判断をする必要があるときがあるからです。また、フリーランスや自営業の場合には、勤め先の在籍確認ができないため、収入があることを確認するすべとして、一定額以内であっても提出が求められます。
以上のように、提出しなければならないかどうかは、様々な要因によって左右されます。

総量規制の見直しと規制緩和について

総量規制とは、2010年の貸金業法改正にて導入された法律の一つです。
内容は、すべての貸金業者を合わせて年収の3分の1を超える貸付を禁止するとしています。例えば、年収300万円の人は100万円までしか貸付を受けることができませんが、これは1社あたりの制限ではなく、契約している貸金業者全ての利用限度額を合わせた時の制限なので年収が低い人にはかなり厳しい規制です。
今まではこうした規制がなかったことから返済能力を超える貸付を受けることで返済ができない、多重債務を抱えるという問題が多く発生していました。総量規制は多重債務者を生まない目的で制定され、その効果は実際に表れ多重債務者は減少しています。
しかし、その反面では、お金を借りたくても借りられない人が闇金業者に流れてしまう危険性もはらんでいます。また、貸金業者もこうした規制による影響で利益をあげられず倒産してしまったケースもありました。
そこで2014年に総量規制の見直しと規制緩和が検討されると報じられました。見直し内容は、認可業者に限り金利上限を年利20%から年利29.2%に引き上げ、総量規制自体を撤廃するというものです。
2016年時点で総量規制に関する情報は出てきていないので、実際にどうなるかは分かりません。また、規制の見直しにより再び多重債務者が増えたり、違法業者に引っかかる債務者が増える可能性もあり、慎重にならざるを得ない状況でしょう。